高齢者の食事や病気での制限食でお困りの方は必見! 高齢者の方に便利な宅配食事、弁当、介護食の口コミ・評判、各業者のサービス内容や評価などなど。腎臓病や糖尿病、その他の病気別や症状別におすすめレシピを紹介。1人暮らしの方や高齢者の食事にお困りの方にも必見です。の画像。

高齢者向け宅配食事、弁当、介護食業者の口コミ・評判 TOP >病気別:認知症と宅配食

認知症(dementia)にオススメの食事と取り扱い宅配業者を紹介

おすすめの食事

認知症患者は食事に関する問題があります。
食べたことを忘れたり、際限なく食べることもあります。
同居していれば、本人が食事を食べていないと言ってきたり、
暴食をしようとしても、説得することは可能だと思いますが、
遠く田舎で1人暮らしをしていると、食事問題は深刻といえるでしょう。

そこで、宅配食事サービスを活用してみてはいかがでしょうか。
宅配食事サービスを利用すると、決まった食事が、
決まった時間に届けられますので、食事の管理をすることが、容易になります。
軽度の認知症であれば、日常生活をできるだけ本人にしてもらうことで、
認知症の進行を遅くすることができますので、
それに見合ったサービスを受けるべきでしょう。

軽度の認知症であれば、「ローソンフレッシュ」がいいと思います。
炒めるだけ、混ぜるだけ、解凍するだけで、
本格的なごはんができる簡単便利メニュー
など
難しいことはせず、料理ができるので、非常に適しているといえます。

認知症とは、昔は様々な精神状態を示す用語として使われていましたが、
現在では認知機能障害を基盤とする生活障害として促えられるようになり、
一般的には「一度正常に達した認知機能が後天的な脳の障害によって
持続性に低下し、日常生活や社会生活に支障を来すようになった状態を指し、
これらの症状に感情、意欲、性格などの障害が加わることもあるが、
意識障害のないときにみられる」
と表現されます。

診断基準は以下のような条件を満たす場合に認知症と診断されます。

・記憶障害を中核に、失語、失行、失認および実行機能障害などの
   複数の認知機能に障害がみられる。

・後天的な障害のため一旦発達した知能が低下した状態で、脳の器質性変化があり、
   脳の物質的な異常を基盤とした状態である。

・急性や一時的なものでなく、症状は持続している。

・認知機能障害により社会生活や日常生活動作に支障を来した状態である。

・せん妄などの意識障害がないときにも症状がみられる。

18~39歳に発症する認知症を若年期認知症、
40~64歳に発症する認知症を初老期認知症、
65歳以降に発症する認知症を老年期認知症と呼びます。

高齢の認知症では、高齢化による身体機能障害と認知機能障害という知的障害、
そして、一部の認知症の人には行動、心理症状といわれる精神症状が現れます。

つまり、高齢の認知症の人は、
従来の分類による三障害すべてが出現する可能性があるということです。

様々の症状を持った認知症の人の生活を支えるためには、
医療、介護だけではなく、あらゆる社会資源の総動員が必要となるでしょう。

認知症の薬物療法はあくまでも認知症の人を支える手段の1つにしかすぎないことを
理解する必要があります。

認知症の人を支えるためには、その認知症の人をよく理解し、
その上で必要で適切な介護や食事の支援を行うことが大切です。

これらご紹介してきたものには、人によって合わない場合がございます。少しでも体に不調を感じた場合は、医師の診断を受けてください。